ネットで稼ぐ方法は意外と簡単!WEB上では数えきれないほどのネットで稼ぐ方法が検索できます。でも、当サイトをご覧になればネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にも出来るネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にして初心者にも出来るネットで稼ぐ方法をマスターして下さい!
Top Page > 稼げるブログの作り方まとめ

説得力を向上させる5つの技術


サイトへ訪問するユーザー数が増加しても、すぐに離脱してしまうようでは私達の利益は増えません。

サイトを訪問し、色々なページを回遊してもらい、購買や登録などの何らかの行動を起こしてもらわなくてはいけないのです。

ユーザーが行動を起こすか否かの判断は、サイトの記事内容で決まります。

記事内容が説得力を持っていれば、ユーザーが行動を起こす可能性が高くなりますし、説得力がなければ、離脱する可能性が高まり、二度と訪れない可能性さえあります。


では、サイトでユーザーを説得する方法とはどのようなものなのでしょうか?





1、返報性を促す記事作り


返報性とは、誰かに何かを与えた時に、恩を返したくなる心理状況のことを言います。
返報性を意識した記事作りをすれば、特に直接的にこちらからお願いしなくても、ユーザーは行動を起こす可能性が高まります。

例えば、何らかの商品(或いは部品)や情報の一部を無償で提供することによって、その後、全商品(或いは部品)、全情報を購入する可能性が高まります。これは返報性による作用と言えます。

また、譲歩することでも返報性は利用できます。
大きな(或いは困難な)お願いをした場合には断られる可能性が高いですが、その後に譲歩して小さな(或いは簡単な)お願いをした場合、2度目にはお願いされた側も、1度断っている分「今度は譲歩して承諾しなくては」と言う返報性の作用が働きます。

この返報性の作用を利用して記事作成すれば、やはりユーザーが行動へ移行する可能性は高くなるのです。




2、一貫性のある記事作りをする


サイト作りは基本コンセプトに沿って、一貫性のあるものでなければいけません。

一貫性のないものは、信用、信頼に欠けます。サイト内容が一貫性があり、専門性の高い内容であれば、ユーザーの行動は都度決断をする必要がなくなります。

なぜなら、十分に信用と信頼を得ていますから、最初の決断のみで後の決断のハードルを低く設定できるからです。

結果的にサイト内から多くの商品を定期的に購入してくれたり、登録作業などをしてくれるようになります。




3、価値の証明をサイトへ盛り込む


ユーザーが行動を決断する材料の一つが、価値あるものだと言うことを自分以外に証明している人がいるか否かです。

商品購入者の声や、読者の感想などは提供している価値を証明してくれる大きな武器となります。

特に初回訪問ユーザーなどは、自分以外のユーザーが価値を証明していることで、安心度合いが一気に増します。




4、ユーザーの好みを知る


私のサイトはネットビジネスのノウハウを提供しています。特に初心者の方や、あまりビジネスが上手くいっていない人へ向けたメッセージが多いサイト作りになっています

例えば、ファッションブランドの広告などでは、容姿の優れたモデルなどを活用することで、ユーザーの憧れを煽り、ファッションが更に引き立ちます。

ネットビジネス初心者の方が好むサイトは、わかりやすく解説され、実践に移行しやすく、そして本当に稼げるものです。更に、徐々に自分自身がステップアップできるものは尚好まれます。




5、サイトの希少性を高める


私達は豊富なものを過小評価し、希少なものを過大評価する癖があります。

よく見かけるのが、「残り●●個」「残り●日」と言ったフレーズです。
今までは、希少でなかったものが、急に希少価値が増すことで、衝動的な購買意欲を煽ったりします。





以上、『説得力を向上させる5つの技術』をご紹介しました。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。








優れたストーリーが売上に直結する


優良なコンテンツSEO対策で絶大な効果を発揮します。


専門性が高く、内容の充実した記事作成は優れたコンテンツとなるのです。


そしてコンテンツマーケティングを更に向上させるには、ユーザーの購買意欲を喚起させるものでなくてはいけません。


では、ユーザーの購買意欲を喚起させる記事を作成するにはどのような点に注意すればよいのでしょうか?





サイト構築の全てでストーリーを考える


ユーザーの購買意欲を喚起するには、サイト構築の全てにおいてストーリーが重要なポイントとなってきます。


良いストーリーとは

・冒頭でユーザーの好奇心を搔き立て注目を引く

・一歩踏み込めば、もっと知りたくなるような導線が引かれている

・最後にユーザーが納得し、更に他の人達へ伝えたくなるような結論が構築されている


大まかに段階的に分けると、こんな感じです。




人間のニーズを利用する


良いストーリー展開は、人間のニーズを利用しています。
人間のニーズの根本的ものの一つが「知りたい」と言うニーズです。

例えば、ネットビジネス初心者が知りたい情報は、「ネットの稼ぎ方」「難しいのか、簡単なのか」「自分にもできるのか」「どのくらいの期間で、いくらぐらい稼げるのか」などなどです。

このニーズを順序立てて満たしてあげるような導線を構築すれば、ネットビジネスに少しでも興味あるユーザーは引き込まれていきます。




感情を込めることで共感を誘う


記事作成で感情を込めることは、良い方向に作用する場合と悪い場合に作用する場合があります。

悪い場合に作用する場合は、自分の感情をユーザーへ押し付けるような記事作成をしているときです。
良い方向の作用へ導くには、ユーザーの共感を得なくてはいけません。

人間の感情は様々です。
「幸せ、悲しみ、衝撃、不安、期待、矛盾」などなど。では、あなたがネットビジネスを始めようとしたときにはどのような感情を持っていたでしょうか。

やはり色々ですよね。

期待もあれば不安もあり、疑いもあれば、時には怒りもあったのではないでしょうか?

つまり、ユーザーの不安や迷いを解消するような記事や、時にユーザーの苦労に共感するような記事や、そして、期待に応えるアイディアの提案などなど、ユーザーが持つであろう感情を想定し、自分の感情も込めることで共感を呼ぶことになるのです。




有用性を絶対に忘れず意識する


ユーザーに役に立つ情報であることは前提です。

ストーリーの構築を考えていると、色々なテクニカルなアイディアなどが頭を巡り、ユーザーをコントロールすることにのみ頭が働いてしまいがちです。

しかし、例えば私の場合はネットで稼ぐ方法を提供しながら、その恩恵として利益を得られるスキームを構築しています。

ですから、自分が利益を得る以前に、ユーザーがネットビジネスで満足してもらわなくてはいけないのです。

利益優先のサイトは結局、ユーザーの離脱を招きます。常に念頭に置きましょう。





以上、サイト構築でストーリー性が重要であることがおわかり頂けたと思います。

記事作成だけでなく、サイトの様々なパーツの配置やサイト全体のデザインなどもストーリーに合ったものでなくてはいけません。

良いストーリーを構築するには、サイトにリンクする全てのものが関係してくるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。








優秀なライターになる35の心得


ブログを利用してネットで稼ぐ為には、優れたライターである必要があります。


「読者を引き付ける魅力的な記事を作成したい!」


常にその思いを持ちながら、日々パソコンに向かい皆さんへ情報提供しているのです。


しかし、毎日毎日、どんな時でも自分の納得できる、そして読者が魅力に感じる記事を作り続けることは、簡単なことではありません。


時に苦痛に思うことすらあるかも知れません。


それでも、やはり記事を作り続けるのです。


なぜなら、プロ野球の選手が今の技術を維持し、更に上達を目指して日々練習し続けるのと同じことです。

優秀なライターになるためには、書き続けることが不可欠だからです。



ただ、「継続して書き続けるぞ!」と言う強固な意志だけでは、良いライターにはなれません。

意志を貫くために必要な環境や知識の習得などが大切です。

ただ毎日書き続けるだけでなく、ユーザーに有益な良い記事を書き続けることで、徐々に反響も感じられ、継続力を増す励みになるのです。



今回は私が優れたライターを目指し、日々意識していることをご紹介します。

頻繁にやっていることもあれば、中にはあまり自分自身でもできていないものもありますが、継続して良い記事を書けるようになるために、必要なことだと考えています。


少しでも、あなたの参考になれば幸いです。


1、自分がブロガーであることの意識を持つ。

2、成長の為に批判も受け入れ、そこから学ぶ。

3、作成した記事を問題点が見つからなくなるまで読み返す。

4、サイトのコンセプトに合ったストーリーを描いてから記事作成する。

5、編集することを面倒臭がらない。

6、情熱的な精神状態を持ち記事を作成する。

7、休憩をしっかりとる。

8、少なくとも1日に1つ新しい言葉を学ぶ。

9、必ず、1日1回は記事作成のため机と向かい合う。

10、邪魔されない環境で記事を作る。

11、数時間ぶっ続けで記事作成するなど、今までの自分の記録に挑戦してみる。

12、いつも歩かない道を散歩したり、旅行をしたりして情景の変化を楽しむ。

13、映画を見て自分なりのストーリー展開を予想してみる。

14、疑問に思うことは、すぐ調べる。そして考える。

15、作成した記事を最初に戻り、カットできる言葉を探す。

16、人と会話をする。

17、人々がどのように会話しているのかを聞く。

18、良い本も悪い本も沢山の本を読む。

19、思い浮かんだアイディアは記憶から消える前にメモする。

20、不確かなものは使わない。または削除する。

21、納得いかない記事はボツにする勇気を持つ。

22、昔作成した記事を読んで、自分に進歩が感じられるか客観的に見る。

23、前日の寝る前、または朝一番に1日のスケジュールを組み立てる。

24、言葉が思い浮かばない時にも、粘ってひねり出す。

25、お気に入りのブログへ気持ちを込めてコメントしてみる。

26、簡潔な文章内容を心がける。

27、考えや趣味など、新しいものへ挑戦する。

28、異文化の作品を読む。

29、普通とは何で、常識とは何かをもう一度考える。そしてその逆も。

30、自分の状態が生産性が高いと思える時には、迷わず机に向かう。

31、定期的にリサーチの時間を設ける。

32、読者の利益を考えて書く。

33、他のライターと交流する。

34、ストレッチや運動を適度に毎日する。

35、常に読む、考える、そして読む、深く考える、そして書く、また考えるを繰り返す。






以上、『優秀なライターになる35の心得』を紹介しました。

私自身、まだまだ勉強中で未熟なライターではありますが、なるべく35の心得を念頭に記事作成するようにしています。


それでも、時間のない時など、仕上がった記事のチェックすら怠って、誤字脱字が散見されるのですが、、、

ただ、良いものを作ろうとする心構えは絶対に必要です。

これからも、できる限り良い記事を提供できるように頑張りたいと思います。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。