ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットで稼ぐ方法がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてネットビジネスをマスターして下さい!
Top Page > 在宅ワーク・内職まとめ

趣味や特技でお金を稼ぐ方法


私達は生きていくうえで、多かれ少なかれ必ずお金が必要になります。

お金は何かをして稼がなければ、宝くじでも当たらない限り懐には入ってきません。

多くの人は、「どうせお金を稼ぐなら自分の好きなことをして稼ぎたい」と考えています。

私も「好きなことをして稼ぎたい」と考えていますし、更に「楽をして稼ぎたい」と、少し欲張りな考えも持っています。。


そこで今回は自分の趣味や特技などを生かしながら稼げる方法をいくつか紹介します。





1、WEB系のスキルを生かして稼ぐ


WEBデザイナー、バナー作成、アプリ開発などなど、WEB系のスキルを持っている人にはクラウドワークスがおすすめです。

クラウドソーシングサービスの中では、最も仕事量が多いと思います。
高額報酬の仕事も沢山ありますし、技術を生かして仕事をこなしていくうちに高い評価を得ることも可能です。

WEB系のサービスで独立したい方々は、ここで受注量を拡大していくことで評価も高まり、独立への近道となる可能性があります。

クラウドワークス






2、写真、イラスト、動画で稼ぐ


今は自分でデジカメで撮影した写真や動画などを販売できる、ストックフォトサービスを展開する会社がかなり多くなってきました。

その中でも有名どころのストックフォトサービスがPIXTA(ピクスタ)です。

過去に話題になったのがPIXTA(ピクスタ)でデジカメ写真を販売して数千万円も稼いだという人の話です。

本当に大きく稼いでいる人もいるようですが、PIXTA(ピクスタ)は有名な分、結構プロ級の腕前を持った人達も多く登録しています。
いきなり数千万円稼ぐことは、やはり無理があります。でも、趣味で撮っている写真や、描いたイラストが少しでも売れるなら登録していて損はないと思います。

PIXTA(ピクスタ)






3、経験、知識、スキルで稼ぐ


これは経験、知識、スキルなどをWEB上で個人間売買するフリーマーケットのようなもので、coconala(ココナラ)と言うサイトが運営しています。

このサイトの『経験・知識・スキルで稼げるフリーマーケット』でも詳しく紹介しています。

coconala(ココナラ)は自分の得意は分野の情報を出品して稼ぐことができます。

WEB系のスキルや占いや様々な鑑定なども情報提供して稼げます。

恋愛相談や結婚・離婚相談なども人気のある出品項目です。

人それぞれ何かしら特技はあるものです。意外な知識や経験で稼ぐことができるかもしれません。

coconala(ココナラ)







以上、もしかしたら今まで特技や趣味だけに留まっていたあなたの能力が、お金に変わるかもしれませんから、ご興味ある方は試してみて下さい。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『本気で稼げる在宅ワーク特集』


在宅ワークの求人募集DMは要注意


インターネットの普及は日本国内で74%と言われています。


多くの家庭でパソコンやネット接続できる環境を持っています。


このような環境の現代で「在宅ワーク」と聞いてどんな仕事を思い浮かべるでしょうか?


やはり多くの人が、パソコンやインターネットを利用した「在宅ワーク」を思い浮かべるのではないでしょか。

パソコンやインターネットを利用した「在宅ワーク」で人気が高い仕事が、データ入力業務です。

データ入力は自宅に居ながら、企業から依頼されたデータを指定されたシステムやエクセルシートなどへ入力し、入力した文字数に応じて報酬が発生する仕事です。

タイピングの速度にある程度の個人差はあったとしても、パソコンやインターネットがこれだけ普及している現代では、全くパソコンのキーボードが使えない人や、基本的なマウス操作ができない人は殆どいません。


ですから、あまり難易度の高くないデータ入力作業なら、誰でも簡単にできるのです。


この在宅ワークで人気のデータ入力要員を募集している求人もかなり増えてきています。


ただ、ここで注意しなくてはいけないのが、仕事を斡旋してくれる会社選びは、それなりの条件をクリアした会社でなくては危険もありうると言うことです。


どんなことに注意が必要かと言うと

・在宅ワークを紹介する会社としての知名度

・業務依頼している企業の多さ

・仕事を開始する前の費用の有無



最低でもこの3つは注意しましょう。


最近は、こちらで登録した覚えがないのに、在宅ワークの求人情報メルマガが送られてきたり、データ入力業務のダイレクトメールが送られてきたりします。

PCメールだけでなく携帯メールにも送られてきます。


皆さんは、そんな経験ないでしょうか?


これは求人募集を業者委託していたり、メルアドの自動収集ソフトを利用したりして、無造作にメール送信しています。


このような迷惑メールを送信してくる会社は論外ですね。



在宅ワークを斡旋してくれる会社選びの際に、必ずホームページなどを確認しましょう。

しっかりした会社は、ホームページもしっかりしています。

利用者数の公開や、業務依頼してくれる企業数の公開もしています。


実際にどのような業務があるのかも具体的に紹介されています。


そしてサポートもしっかりしています。

無料サポートやパソコン初心者に対しては、安価な有料講習のようなサポートもあります。(数万円~数十万円もする教材を売りつけるところはダメ企業です)


もし、少しでも怪しいと思ったら、会社名などをすぐにググってみて下さい。
悪い会社には、悪い情報がネット上でも広がっているものです。


このように在宅ワークをする時には、十分に信頼できる会社であることを確認した上で登録するようにしましょう。


当ブログでも私が何度かお勧めしている在宅ワークマッチングサイトクラウドワークスです。

クラウドワークス



クラウドワークスは私自身も無料登録して確認してみましたが、特に問題点もなく、ネットでの口コミ評価も高い会社になります。


上場企業をはじめとする10万社以上が様々な仕事を依頼していますので、パソコンスキルの高い人はかなりの高単価報酬が見込めると思います。

難易度の低い仕事も豊富ですので、パソコンスキルがあまり高くない人でも自分に合った業務をこなしていくことができます。

これから在宅ワークを始めたいと言う方にはおすすめのサイトです。


※パソコンのスキルアップをしたい方には『85年の指導実績!通信教育・通信講座のがくぶん』と言うサービスもあります。
ご興味ある方は確認してみて下さい。





閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『本気で稼げる在宅ワーク特集』


高額時給のテープ起こし/テープライター業務に驚き


先日、テレビを観ていると「主婦に人気の在宅ワーク」的な内容の番組があり、ちょっと興味深くて見入ってしまいました。



中には、月収150万円と言う仕事もありましたが、仕事の内容を見るとかなり特殊と言うか、能力的にかなり優れたものがないとできそうもないと思えるものでした。


その月収150万円の仕事とは、



なんと「クロスワードパズル」の作成業務です。




と言うか、月収の大きさ以前に「そんな仕事もあるのか!」と言う事の方に驚いてしまったのですが、その月収150万円以上の方は、業界ではカリスマ的存在のようで、誰もがその人のような稼ぎを得られるような感じではありませんでした。。





その番組を観ていて、私が「結構稼げるんだな!」「魅力的な在宅ワークだな!」と思ったものは、テープ起こし・テープライター業務です。





テープ起こし・テープライター業務とは


テープ起こし・テープライターとは講演・会議・座談などで録音された人の言葉を聴き取り、その内容を文章に直す作業の事を言います。

仕事依頼が多いのは出版社などが多いようで、よく雑誌で見かける対談の記事などは、テープ起こし、テープライター業務をしている人達が文章化しているようです。




テープ起こし・テープライター業務の時給


私が観た番組に出演している方の時給はなんと4500円でした。
確かに、その方はかなり慣れているようで、タイピングも早い方でしたが、同じような速度でタイピングする方は他にも見たことがありますし、そう考えると必ずしも特別な人だけが高額時給なわけでもないのかなと思えます。

実際に調べてみると、平均的な報酬は60分程度のテープを文章に起こして1万円~2万円くらいの報酬のようです。




テープ起こし・テープライター業務をするには


出版社などから仕事を受注しなくてはいけないので、個人で始めるには難しいでしょう。
また、タイピングスキルは高いものを要求されると思いますから、初心者の方が始めるには、仕事ができるようになるまでにはかなりの時間を要すると思います。

それでも、ある程度データ入力等の経験がある方々なら、それなりに訓練すれば高額報酬も見込めるのではないかと思います。

テープ起こし・テープライターで養成講座から仕事のバックアップまでしているのが、がくぶんす。

講座の内容は未経験者でも始められるように学習するためのテキストや、実習のためのテープを使って練習をすることができます。

がくぶんには技能認定試験があり、資格取得者は日本職能開発振興会に登録すれば出版会社やマスコミ業界、地方公共団体などから受注を受けたテープ起こし・テープライターの仕事をする事ができます。


ただ、講座受講は勿論無料ではないので、本気でテープ起こし・テープライターと言う方は、一度がくぶんの資料請求をして内容を調べてみては如何でしょうか。








一押しの在宅ワークマッチングサイト


通常のデータ入力業務などの在宅ワークををやってみたいと言う人には、このサイトでも何回か紹介している、クラウドワークスがオススメです。
データ入力だけでなく、WEBデザイン系の仕事やホームページ管理や修正の仕事も斡旋している会社です。




仕事量も多く安心できる会社ですので、ご興味ある方は、

『本気で稼げる在宅ワーク特集』

『在宅ワークの求人募集DMは要注意』

こちらの記事を参考にしてみて下さい。


閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『在宅ワーク・内職まとめ』