ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > ネットで稼ぐ上級篇Lv21~30 > レベル27 ソーシャルメディアとの連動は必須

Twitter(ツイッター)を活用して広げる仕組み作り


ソーシャルメディアを利用したマーケティングは、多くの企業やビジネスを展開する個人に至るまで広く注目を集めています。

前回のレベル26で紹介したSEO対策に引き続き、今回のレベル27ブログアフィリエイトSEO対策と言っていいと思いますが、ソーシャルメディアの中でもTwitter(ツイッター)を利用した連動方法をご紹介していきます。

ソーシャルメディアと言えばTwitter(ツイッター)の他に代表的なものとしてFacebook(フェイスブック)などがありますが、Facebook(フェイスブック)の場合、リアルな関係ではない場合の友達作りや、ファンページの作成など、少し手間がかかる部分があるので、簡単に複数のアカウントを持つことができ、フォロワーも増加させやすい、Twitter(ツイッター)の方が効果的で、初心者からはじめられる方法と言えます。


では、具体的にTwitter(ツイッター)をブログとどのように連動させていくかと言うと。





Twitter(ツイッター)の効果的な活用方法


活用法の手順


1、ブログ作成

2、Twitter(ツイッター)の登録

3、Twitter(ツイッター)でブログ記事の魅力をつぶやく


と、これだけです!


但し、


内容は簡単なのですが、当然、Twitter(ツイッター)のフォロワー数がある程度の数にならなくては、宣伝効果はありませんし、多くのフォロワーをブログへ誘導することも難しくなります。

したがって、いくつかの条件をクリアできるようになる必要があります。

Twitter(ツイッター)の登録方法はこちら⇒『Twitter(ツイッター)の登録方法!』




Twitter(ツイッター)の効果を有効にするための条件


・Twitter(ツイッター)のフォロワー1万人以上に増やす
 (1万人以上のフォロワーになると、アフィリエイトでコンスタントに成果を出せます)

・Twitter(ツイッター)のアカウントを複数作成
 (効果を効率的に乗数倍していくことと、アカウント凍結のリスクを回避します)

・Twitter(ツイッター)の便利ツールで投稿・フォローなど自動でできるようにする
 (仕組みを作ってしまったら、手間を省き自動でTwitterが働くようにすることはす不可欠です)

最低、この条件は早めにクリアできるように努力しましょう。


いきなりフォロワー1万人以上と言っても、当然無理です。
先ずは、2000人以上にすることを目標にします。やり方次第では1週間くらいで2000人のフォロワーは簡単に作れます。

フォロワーが2000人以上になった頃から、Twitter(ツイッター)の影響でブログのアクセス数が増加し、アフィリエイトも成果が出てきます。

このブログのように、ポイントサイトアフィリエイト「げん玉」「ゲットマネー」をメインに紹介している場合には、ダウンライン(友達紹介)が増えてくるのです。

早ければ3ヶ月程度で1万人のフォロワーを持つことができます。
1万人以上のフォロワーを持つとTwitter(ツイッター)では、コンスタントに成果が見込めます!


私はTwitter(ツイッター)アカウントを20個以上所有しています。
このブログ以外の他のアフィリエイトサイトで連動させているものもありますが、数が多いほど、やはり効果は期待できます。

また、Twitter(ツイッター)運営元の監視が厳しくなってきているので、過度なフォローなどを行うとアカウント凍結されることがあります。ルールは守って利用することが前提ですが、万一アカウント凍結されてしまった場合には、解除されるまでTwitter(ツイッター)が使えなくなってしまいます。

その為、複数のアカウントを所有することでブログとの連動が途切れてしまうことを回避する必要があるのです。





以上、この条件を早くクリアする為に、下記リンク先を参考にして下さい!

『Twitter(ツイッター)でフォロワーを増やす方法!』
フォロワーの増やし方と、自動つぶやき、自動フォローなどの便利ツールも紹介しています。

『Twitter(ツイッター)アカウントの凍結解除方法!』
結構簡単な作業で凍結解除できます。

『Twitter(ツイッター)便利ツール一覧!』
全部で25個の無料便利ツールを紹介しています。


ブログアフィリエイトを運営していく中で、あなたにとってブログは会社そのもののような存在です。

そしてTwitter(ツイッター)は会社を宣伝し、利益を出していく為の広報部長であり営業部長の役割を果たすのです。

あなたが良い広報部長、営業部長を育てれば、自ずと利益は増していくはずです。




閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >レベル28 アクセス解析は稼ぎに直結する

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ホームページ拝見しました。
本当に極めてらっしゃいますね。
大いに学ばせていただきありがとうございます。

1つ伺いたいことがあります。

>私はTwitter(ツイッター)アカウントを20個以上所有しています。

疑問に思ったのですが、現在は同一IPから10個以上のアカウントを取得すると凍結されるとあります。

20個以上を取取するにはどうすればいいですか?

取得時のみ別のパソコンから行い、あとのツイートや操作は1つのパソコンからでも可能なのでしょうか?
それとも常に別のIPでのツイートが必要なのでしょうか?

自宅には複数のパソコンがあり、それぞれ別のLAN回線で接続されていますが、家庭用LANあるいはハブで分岐されただけのLANでは同一IPとみなされてしまうでしょうか?

一部、「ネットで稼ぐ」とは直接関係が薄いところもありますが、こういった対策もご存知であろうと思い、質問いたします。
お返事いただければ幸いです。
2016/09/30(金) 10:25 | URL | 浩司 #HgCVYmGs[ 編集]
はじめまして。

コメント頂き、ありがとうございます。

記事内容の20個以上のツイッターアカウントについて、現在は9個のアカウントのみ稼働させております。
2013年3月作成の記事の為、現状と内容が異なり混乱させてしまいました。
大変失礼致しました。

しかし、同一IPから10個以上のアカウント作成で凍結の噂は数年前からありましたが、私の場合20個以上のアカウントを作成し運営することはできました。

2016年に入り、何回かアカウント凍結されることがあり、その度に解除申請してきたのですが、現段階では9個のアカウントのみを稼働させています。

恐らく、凍結された理由は、自動投稿ツールを利用したことでスパムと認定されたのではないかと考えています。

現在も、アカウントの量産に対し基本的に規制はないと思いますが定かではありません。
但し、連続で次々にアカウントの取得をしようとすると、スパムと認識されアクセスできない状況となってしまいます。



> ホームページ拝見しました。
> 本当に極めてらっしゃいますね。
> 大いに学ばせていただきありがとうございます。
>
> 1つ伺いたいことがあります。
>
> >私はTwitter(ツイッター)アカウントを20個以上所有しています。
>
> 疑問に思ったのですが、現在は同一IPから10個以上のアカウントを取得すると凍結されるとあります。
>
> 20個以上を取取するにはどうすればいいですか?
>
> 取得時のみ別のパソコンから行い、あとのツイートや操作は1つのパソコンからでも可能なのでしょうか?
> それとも常に別のIPでのツイートが必要なのでしょうか?
>
> 自宅には複数のパソコンがあり、それぞれ別のLAN回線で接続されていますが、家庭用LANあるいはハブで分岐されただけのLANでは同一IPとみなされてしまうでしょうか?
>
> 一部、「ネットで稼ぐ」とは直接関係が薄いところもありますが、こういった対策もご存知であろうと思い、質問いたします。
> お返事いただければ幸いです。
2016/09/30(金) 15:59 | URL | ヤマモト #-[ 編集]
ごていねいなお返事をありがとうございました。

やはりツイッターがだんだん厳しくなってきているのですね。
私も9つまでに抑えて、1つあたりのクオリティを高める努力をしようと思います。
2016/10/01(土) 08:27 | URL | 浩司 #HgCVYmGs[ 編集]
こちらこそありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します。


> ごていねいなお返事をありがとうございました。
>
> やはりツイッターがだんだん厳しくなってきているのですね。
> 私も9つまでに抑えて、1つあたりのクオリティを高める努力をしようと思います。
2016/10/01(土) 14:39 | URL | ヤマモト #-[ 編集]
こちらこそよろしくお願いします。
2016/10/03(月) 03:49 | URL | 浩司 #HgCVYmGs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック