ネットでお金を稼ぐ色々な方法がわかります!実はネットでお金を稼ぐ事は意外と簡単なのです!
Top Page > ネットで稼ぐ上級篇Lv21~30 > レベル25 本当にSEOの重要性知ってますか?

なぜSEO対策が重要なのか?あなたのブログでも紹介してみましょう。


ブログが検索エンジンに認識されやすいようにするには、小まめな記事作成・更新が不可欠なのですが、それだけでは不十分です。


やはりSEO対策が不可欠なのです。


そこで徐々にSEO対策も勉強しながら、自分のブログを販売力のある媒体へと成長させていきましょう。


「ちょっと難しくなってきたな。。」と感じたあなた。


全く心配はいりません。

少しずつ勉強すれば少しずつわかってきます。

私も「SEO対策上級者」とは、とても呼べるような知識は備えていませんが、日々上級者へ近づけるように勉強しています。

諦めずに、様々な手法を探り、有効な手段があるのであれば行動に移すことが大切なのです。

ブログアフィリエイトで失敗している人の多くは、殆ど有効なSEO対策がされていません。

最初は、日々勉強しながらできることから実践していけば良いのです。

それだけでも、販売力のある媒体か否かの差は確実についてきます。


ただ、その前に根本的な「なぜSEO対策が必要なのか?」を理解しておきましょう。

そうすれば、あなたも納得してSEOの勉強ができると思います。





SEO対策の重要性


なぜ、SEO対策がそれほど重要なのか?


・ネットユーザーの80%が検索エンジンを常用している
恐らく、この講座をご覧になっているあなたも、YahooかGoogieの検索エンジンを利用して情報収集したりしていると思います。
ですから、このような検索エンジンのアクセスを獲得することは非常に重要なのです。

・ネットユーザーの70%は検索結果の2ページ目までしか見ない
あなたはどうですか?「言われてみればそうだ!」と言う人が殆どだと思います。
ですから、検索エンジンで上位表示されることは、とても大切なのです。

・長期的に安定した集客ができる
検索エンジンで上位表示されるには、様々な手法があります。もちろん中には有料の手法も沢山あるのですが、なぜお金を掛けてまで、検索エンジンの上位表示をさせたいかと言うと、検索エンジンに掲載期間はありませんので、一時的或いは継続的にお金を掛けてでも、検索エンジンに上位表示させることで、長期的に安定した集客が見込めるのです。安定した集客は、安定した売上に連動してきます。ですから、費用対効果を考慮しても検索エンジンの上位表示を選択するのです。

・インターネット上でのブランドが形成できる
多くのネットユーザーは、検索エンジンで上位表示されるサイトに好感を持ちます。それは、上位表示されることによって他のユーザーも多く閲覧し、利用していることが自ずとわかるからです。
あなたがサイトを作成したのなら、ネット上でのブランド形成は、とても大切なのです。


どうでしょうか?SEO対策がサイトの人気や売上などを大きく左右し、ネットビジネスを行う上で欠かせないものであることがおわかり頂けたと思います。

SEO対策には様々な裏技的なものも存在します。

しかし、ヘタをすればペナルティーが課せられ、順位を落とされてしまったりします。
ですから、有効なSEO対策とは正攻法のものだけであると念頭に置いて下さい。




正攻法で有効なSEO対策とは


・キーワードの選定

・見出しタグへの適切な配置

・ソーシャルサービスで広がる仕組み作り


などなど、簡単なものから上級者向けの難しいものまで色々あります。

アフィリエイトで稼ぐには、販売力の強い媒体を持つことが重要です。

私がこのブログでお伝えしている、ポイントサイトアフィリエイトの場合も同様で、メインとして稼いでいる「げん玉」「ゲットマネー」がとても稼ぎやすいポイントサイトであることを読者に伝え、伝えるために多くの人をブログへ誘導しなくてはいけません。

つまり、アフィリエイトで稼げるか否かSEO対策がしっかりできているかで大きく左右されるのです。





↓は私のおすすめのサイトです。毎日少しずつSEO対策の勉強をしていきましょう。

SEO対策 Su-Jine

SEOで無料アクセスアップ


では、次は具体的なSEO対策の手法へとステップアップしていきます。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >レベル26 これだけはやっておきたいSEO対策

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック