ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > アフィリエイトの稼ぎ方 > グーグルアドセンスと他のASPを比較

google adsence(グーグルアドセンス)とは


グーグルアドセンスはコンテンツマッチ型のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)で、ページの内容やサイト訪問者に合わせて自動で広告を表示してくれるサービスです。
サイト訪問者が広告をクリックすることでアフィリエイターに対し報酬が発生します。

グーグルアカウントを取得してアドセンス利用の申し込み後、審査が通過すればサイトやブログへ掲載してお金を稼ぐ事が可能になります。

アフィリエイト経験のある方ならご存知の人も多いと思いますし、実際にグーグルアドセンスを活用している人も多いのではないでしょうか?

WEB上では個人のブログから企業のHPに至るまで、数多く掲載されていますので「グーグルアドセンスを知らない」と言う方であっても、広告自体は殆どの方が目にしているのです。





なぜgoogle adsence(グーグルアドセンス)が人気なのか?


一番大きな理由は、報酬単価が高いと言うことです。
サイト訪問者が広告をクリックすることで、アフィリエイターに対する報酬が発生するわけですが、高いものでは1クリック100円以上の時も過去にはありました。

今は報酬単価も30円前後のものが多くなっていますが、それでも他のコンテンツマッチ型ASPは高いものでも1クリック10円程度なので、比較すると格段に高いと言えます。

アクセス数の多いサイトを構築できれば、月数十万円程度を安定的に稼ぐ事も可能になってきます。

また、一般的なアフィリエイト広告と違い、商品のレビュー記事を作成したり、広告で掲載される商品の購入や登録などを促す記事を作成したりする手間は必要ありません。
広告を掲載して放置しているだけで稼げるという点も、人気の一つと言えるでしょう。





google adsence(グーグルアドセンス)の審査


他のコンテンツマッチ型ASPと比較すると、グーグルアドセンスの審査は厳しめです。

・暴力・差別表現、誹謗中傷がある
・アダルト、ギャンブルコンテンツがある
・武器、アルコール、タバコ、薬などを販売している
・法律に違反している
・広告クリックを誘発、細工している


などなどの規約があるわけですが、なんと私のようなポイントサイトを紹介しているサイトも規約違反に該当してしまうのです。

ですから、今回の記事でグーグルアドセンスの魅力をお伝えしている当サイトは、残念ながら利用できないのです。。

審査に通過したとしても、その後何らかの規約違反が発生すると即アカウントが無効になってしまいますので、事前に十分チェックしておきましょう。





google adsence(グーグルアドセンス)に代わるASP


グーグルアドセンスと同レベルで稼げるコンテンツマッチ型ASPは残念ながら今のところありません。

報酬が群を抜いて高いので、しっかり審査を通過できるのであればグーグルアドセンスを利用した方が絶対に得策です。

しかし、「何らかの理由で審査が通らない」、或は「審査通過後にアカウントが無効になってしまった」と言うような方には忍者AdMaxをお勧めします。

忍者AdMaxは報酬単価はグーグルアドセンスよりも低いですが、基本的に審査は不要ですので誰でも利用することができます。(但し、規約違反があればやはりアカウント無効になります)

また、クリック報酬だけではなく、広告が表示されただけでも報酬が発生するシステムもありますので、初心者の方にも利用しやすいのではないかと思います。

忍者AdMax
忍者AdMax





以上、『グーグルアドセンスと他のASPを比較』を紹介しました。

いずれにしてもコンテンツマッチ型ASPの利用で稼ぐには、前提として人気ブログ、人気サイトが必要となりますので、先ずはアクセス数を増やせるように良質の記事作成に集中しましょう。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『アフィリエイトの稼ぎ方まとめ』

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanekasegikata.jp/tb.php/179-a4ab9dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック