ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > WEBサービス・SEO関連 > 検索に引っかからないブログの対応

ブログの正確な状況を確認する


ブログの最も有効なSEO対策は、良質なコンテンツの作成です。

つまり、魅力的な記事作成を継続することがSEO対策の効果を発揮するのです。


しかし、中にはブログ開設して1年以上経過するのに検索に引っかからないという方もいるようです。

1年もの間こまめに記事更新をしているのであれば、検索エンジンの認識するキーワードも増え、ある程度検索上位表示を期待できるコンテンツもあっておかしくないはずです。

このような状況の時は何かしらの原因があります。

先ずは、ブログの状況を正確に確認することから始めましょう。


「検索に引っかからない」と言っても、全く検索にヒットしないのと殆ど検索にヒットしないのでは状況が異なります。

状況が異なると言うことは、対処方法も異なると言うことです。




ページがインデックスされていない


検索に全く引っかからない状況で考えられるのは、ページがインデックスされていないと言うことです。

ページがインデックスされていなければ、ユーザーがどのように検索してもブログがヒットすることはありません。

自分のブログ記事がインデックスされているのかを確認してみましょう。

Googleでsite:あなたのブログのURLで検索してみて下さい。
検索かからない1


検索結果にあなたの公開しているブログ記事が表示されればインデックスはされています。

つまり、検索に引っかからない原因は他に考えられるということです。




ペナルティーを受けている


GoogleはIT業界の重鎮です。私達のサイトもGoogleの規制や取り組みに大きく左右されますし、生き残るためにはルールを遵守しなくてはいけません。

もしあなたのブログがペナルティーを受けていたとしたら、検索で表示されることはありません。

ペナルティーを受けているかどうかはウェブマスターツールへ登録していればわかります。
重大な問題が発生した時には、メッセージが届くようになっているのです。

また、取得したドメインが過去に別の所有者がいる中古ドメインである場合も注意が必要です。
過去の所有者がスパムサイトと認識されていれば、継続してペナルティーの対象となります。

過去にあなたのドメインの所有者が居たのかを確認するには、Internet Archiveを利用すればわかります。
この場合は、ドメインの所有者が変わったことをGoogleへ送信して手動ペナルティを解除できます。




画像主体のコンテンツになっている


ブログ記事の構成が画像主体の場合は、検索エンジンがコンテンツの内容を理解することが難しくなる場合があります。

検索エンジンは文字を認識することは可能ですが、画像に何が書かれているのかは上手に理解できないのです。

このような場合、検索されてもヒットしなかったり、ヒットしても検索順位がかなり低くなったりします。
対応としては、画像の内容をテキストでも解説するようにすることで検索エンジンに認識されるようになります。




記事内容が薄すぎる


良質のコンテンツを作成するには、密度の濃い記事を作成しなくてはいけません。
検索エンジンは専門性が高く、内容の充実したコンテンツを好みます。

記事作成時の文字数で明確に何文字以上がベストと言う決まりはありませんが、私の場合一記事1000文字以上を一つの目安としています。

充実した内容の記事を心がければ、必然的に1000文字程度の記事にはなるものです。





以上、『検索に引っかからないブログの対応』を紹介しました。

ネットで稼ぐには、運営サイトを特定キーワードで検索上位表示させる事が必要不可欠です。

SEO対策の手法は基本的なものから難しいものまで色々ありますが、それ以前の根底で正常に作動していないのであれば何をやっても意味がありません。

もし、あなたのサイトが今回の記事と同様の問題を抱えているのであれば、SEOの効果を発揮できる正常な状態に戻すことが先決です。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanekasegikata.jp/tb.php/150-6000a23b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック