ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > ネットビジネスの稼ぎ方 > ネットビジネスを学ぶ最適な方法

マーケッターとしてのマインドセット


一口にネットビジネスと言っても、ご存知の通り色々な種類がありますが収入を得る方法は大きく分けて2つです。

自分で稼ぐか会社などに組織に属しサラリーを得るかです。

私のサイトではサラリーマンなどが副業として稼いだり、私のように本業として稼ぐ為にネットビジネスの手法を紹介しています。

ですから、今回の『ネットビジネスを学ぶ最適な方法』についても「自分で稼ぐ」為の紹介をしていきたいと思います。


サラリーマンと違い、私達の場合は時間と労力を拘束されることがありません。

しかし、当然拘束されることがないからと言って、ただ時間を無駄に過ごしたり、費やすべき労力を持て余していては利益を生むことはありません。

先ず、自分で稼ぐことで大切なポイントは時間、労力、お金をどのように費やしていくかを自己管理しなくてはいけないのです。

この3つのコストをどこへ投資するのか、つまり投資マインドを持つことが大切になってきます。


時間、労力、お金のエネルギーを価値あるものへ換える為のマインドを持つことが「価値ある学習」を生みます。

特に時間の使い方は最も重要です。

なぜなら、労力を投資するにもお金を投資するにも多かれ少なかれ必ず時間は必要になりますし、誰にも管理されることなく全て自分の判断で有効に時間を使いこなすには、強い意志が必要となるからです。

更に時間の経過は人間の経験を生みます。

これは良い経験、悪い経験、ためになる経験、ためにならない経験、全てを含めてです。

良い経験、ためになる経験を積み上げれば、自ずと成果に繋がります。


100%良い経験だけを続けることは不可能かも知れませんが、できるだけ自分にとって良い経験を呼び込むには、自分で稼ぐ為のマインドセットを持つことが必要となるのです。





自分にとってのベンチマークを見つける


投資マインドを高めても、段階的に成功の指標となる目標を定めなくては客観的に自分の成長を判断することができません。

自分で稼ぐことを成功させる為の目標で、絶対に必要なものは売上・利益の金額と到達する為の期間です。

要するに、いつまでに幾ら稼ぐのかが明確でなくてはいけないわけです。

但し、何の根拠もなく自分の希望や夢だけで目標を立ててはいけません。

自分の能力(初心者なのか中、上級者なのか)を知り、ベンチマークとなる先駆者を見つけることが必要です。

ネットビジネスの先駆者を見つけ、今の自分の能力で同じようなコンテンツを作り上げるまでにはどの程度の労力と時間が必要なのかを客観的に考えるのです。

そして当初のベンチマークと同等のレベルに達したら、次のベンチマークを探すことを繰り返していけば、都度明確な目標を持つことができます。

マラソンで言えば目の前の集団を一つ一つ追い抜いていく感じです。
数百メートルも離れた後方から、視界に入らないトップ集団を追い抜こうとしても無謀な挑戦になってしまいます。





先駆者の成功事例に学ぶ


私と同様にネットで稼ぐ為の情報提供をしている人は大勢います。

このような情報提供サイトは成功事例だけでなく、長い経験の中から失敗事例や失敗しない為の方法なども記載されています。

先ずは、自分より先を走っている人をお手本とすることが、自分の能力を高める早道です。

また、時に価値ある情報を得るためにお金を投資することも、能力を短期間で高める為の方法です。

但し、中には自分で稼いでもいないのに薄っぺらの情報を発信しているものもあるので、教科書代わりに選ぶ先駆者はしっかり見極めなくてはいけません。

公開している情報が少ないものは要注意です。





以上、『ネットビジネスを学ぶ最適な方法』を紹介しました。

学ぶ為に必要なことは、先ず自分自身のマインドです。

マインドがしっかりしていればこそ、教材も良いものを選択できるようになるのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『管理人おすすめのアフィリエイト商材』

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanekasegikata.jp/tb.php/145-9afc73cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック