ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > アフィリエイトの稼ぎ方 > 広告を少なめにすることが稼ぐコツ

アフィリエイト広告が多いサイトは嫌われる


いざ「アフィリエイトで稼ごう!」とサイトやブログ作成をしていると、ついつい多くのアフィリエイト広告を
掲載したくなってしまいます。

「沢山の広告を貼っておけば、どれか購入してくれるだろう!」
「広告の数が多い方が成約の可能性も高くなるだろう!」

とサイトを訪れるユーザーのことは全く考えずに、自分の利益だけを考えてしまうわけです。

このような傾向はアフィリエイト初心者に多く見られます。


あなたも、何のサイトなのか?何のブログなのか?何を伝えたいのか?よくわからない広告だらけのサイトを目にしたことはありませんか?


サイトやブログを訪れるユーザーは広告を探して訪問したわけではありません。

何らかの目的があり、何かの情報を入手したくて訪問しているのです。


例えば、ネットで稼ぐ方法が知りたくてアクセスしたサイトが、バナー広告だらけでどこに稼ぐ為の手法が記載されているのか、探すのが困難だったらどうでしょうか?

きっと、そのユーザーは即効で離脱し他の有益なサイトを探し始めるでしょう。


先ずは、何のサイトなのか、何を情報発信しているブログなのかを明確にし、訪問したユーザーが理解できる作りにしなくてはいけません。


1ページに掲載する広告はできるだけ少なくし、訪問したユーザーが求めるものが探しやすいようなサイト、ブログ構成にすることが、結果的には稼ぐコツになるのです。





掲載する広告量はどの程度が適正か


アフィリエイト広告が多すぎるサイトは嫌われると言っても、アフィリエイトで稼ごうと作成したわけですから、全く掲載しないわけにはいきません。

では、どのくらいの量が適正なのか?

サイト、ブログのトップページの場合、例えばYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いでしょう。
掲載している広告はインパクトがあるのですが、サイト全体の構成を見ると、広告の占める割合はかなり少なめです。
やはりYahooの利用者も広告を見るために利用しているわけではないのですから、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しているのです。


個別記事の場合は良いコンテンツを作成しようとしたら、1記事1テーマが基本です。

となると、テーマに関連するアフィリ広告は限られてきます。
また、テーマに関連するアフィリ広告がない場合もあります。その場合は無理に掲載しないことです。

伝えようとしていることを重視した、バランスの良い構成が大切なのです。


このように大手企業の人気サイトやアフィリエイターの人気ブログなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載量が適正かが見えてきます。

特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されています。

先ずは、訪問ユーザーから自分のサイト、ブログに対し満足してもらうことを第一に考えなくてはいけないのです。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『アフィリエイトの稼ぎ方まとめ』

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://okanekasegikata.jp/tb.php/142-04fb5f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック