ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > 2014年09月

お金を貯めるにはお金の動きを把握しよう


パソコンを使った在宅ワークやネットビジネスなどを始め、いざ収入を得ようとしても最初から順調に事が進むことは稀と言っても過言ではありません。

また、会社勤めなどをして毎月の給与所得がある方だとしても希望の収入が得られず、お金のやり繰りに苦労している人も少なくないはずです。

このような時には、細かな生活費などを切り詰めながら節約を余儀なくされるわけですが、節約しているつもりなのに「何故かお金は毎月ギリギリ」或は「何故か支出が多くマイナス」と言う経験はないでしょうか?


一方で、大きな所得を得ているわけではないのに、しっかりと小まめに節約し、余剰金を毎月貯蓄へ回している人も大勢います。

この違いは何なのか?

それは、「どこへ無駄なお金が流れているのか?」「どこに掛かったお金を削るべきなのか?」「何を我慢すべきなのか?」など、このような問題を明確にし、解決策を実行しているか否かの違いなのです。

この問題を明確にするには、先ず家計でやり繰りされているお金の流れを把握することが大切です。
詳細な収支明細を記録し、自分のお金がどのような状況であるかを常に知っていることが重要なのです。

つまりは、まめに家計簿をつけることで状況把握と解決策が明確にできるわけですが、しかしながら「家計簿は苦手」「家計簿をつけても長く続かない」と言う人は少なくありません。

では、このような方々の悩みを簡単に解決してくれる便利なツールを紹介しましょう。





自動で家計簿を生成してくれる優れたアプリ


皆さんは、マネーフォワードをご存知でしょうか?

パソコンからでもスマホからでも使えるアプリケーションで、勿論双方を連動させて利用することも可能です。

このマネーフォワードの何が優れているかと言うと、銀行・証券会社・年金・ポイント・携帯電話・ネット通販・電子マネーなどのアカウントを初めに登録すれば、定期的に自動で収支をアップデートしてくれる超便利な機能を誰でも簡単に利用できるのです。

更に主な特徴を幾つか挙げてみましょう。

収支状況をグラフで確認することができる
カレンダーが表示され日別の収支を確認できる
殆どの金融機関に対応しているので収支を自動で記録できる

このように魅力的な特徴があるわけですが、既に2013年4月にはiPhone版とAndoroid版の無料ファイナンス部門で1位を獲得しているほどの人気があり、現在150万人以上が利用していると言われています。

どんなに面倒臭がりの人でも、マネーフォワードなら自動で簡単にお金の流れを可視化できますから、「どこから節約するべきなのか」が一目瞭然です。

あなたも、マネーフォワードで自分のお金の管理をスタートしてみてはいかがでしょうか。


【無料】簡単操作の小遣い帳ソフト - マネーフォワード




閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『在宅ワーク・内職まとめ』

関連記事

ダウンライン数も収入額も共にNo1のポイントサイト


「げん玉」の友達紹介が、ついに15000人を突破しましたので、ご報告いします。

更に、登録してから5年7カ月の間に、480万円以上のポイントを稼ぐ事ができました。

是非、「げん玉」の利用を皆さんにもお勧めいたします。

げん玉15000人2
(2017年10月3日現在)





「げん玉」の友達紹介が大台の1万人を超えましたので、記事更新致します。
(友達紹介数が5桁になると、なぜか数字の表示がおかしくなるようです。)

げん玉1万人
(2015年10月8日現在)





「げん玉」の友達紹介が8000人を超えましたので、記事更新致します。

げん玉8000人1
(2015年3月24日現在)





私がメインのポイントサイトとして利用すると共に、その稼ぎやすさを多くの人に知ってもらう為に、当ブログ内でおすすめしている「げん玉」友達紹介(ダウンライン)が、遂に5000人を突破しました。

げん玉友達5千人


私が今まで登録したポイントサイトの中で、「げん玉」は最もダウンライン数が多く、同時に収入額も毎月15万円以上の不労所得を手にしています。

当ブログでも、稼ぎやすいポイントサイトの最大条件として、友達紹介制度が充実していることを挙げさせてもらっていますが、まさに「げん玉」はその条件を満たす強力なサポートが整っています。

現在も「げん玉」の友達紹介は、毎月400人~500人ほど増加し続けています。

登録した当初の数年前よりも月々の紹介件数が大分増えてきましたので、それほど遠くない将来に友達紹介1万人突破の報告もできるものと考えています。


当ブログ、または私が運営する関連サイトから「げん玉」へ登録して下さった方々、心からお礼申し上げます。

今後とも、皆さんのネット収入に繋がる有益な情報を発信していきますので、宜しくお願い致します。


げん玉関連記事
『最強ポイントサイト「げん玉」の稼ぎ方を徹底分析』
『げん玉が本当に稼げる3つの理由』
『友達紹介(ダウンライン)で稼げるベスト3』


「げん玉」の登録はこちらから↓ここから登録するだけで250ポイントが貯まります!!




閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『ポイントサイトの紹介・攻略法まとめ』

関連記事

個人サイトにおける最適化とは?


ネット収入を得る為にブログなどの個人サイトを開設しても、当然ながら大手企業のホームページや人気芸能人のブログ並のアクセス数は望めません。

勿論、異例の人気を誇る個人サイトもありますので、「絶対に無理」と言うことではありませんが、常識的に考えればブランド力やサイト構築の為の資金力など様々な面で大差がつきますので、同等の状況を作り出すことは極めて難しいのです。

しかし、ネット収入を得る為に大手企業のホームページや人気芸能人のブログほどのアクセス数が必要かと言えば、必ずしもそうではありません。

アクセス数がより多いサイトほど、様々な面で相乗効果が期待できることは間違いない事実なのですが、それだけがサイトにとっての最適な状態であるとは限らないのです。


私達の目的はブログなどのWEBサイトを活用して、直接的或は間接的なネット収入を得ることです。

この目的を成功させる為に必要なサイト状況の最適化は、集客すべきターゲティングの絞り込みと、ターゲティングされたネットユーザーが満足できる情報の蓄積がしっかり施されていることが前提となります。

では、もう少し細かく具体的に基本的な最適化の項目を並べてみましょう。

「どのような専門的な情報を発信しているサイトなのか」
「それを欲しているネットユーザーが検索するであろうキーワードは何か」
「情報を入手したネットユーザーにはどのような明確なメリットがあるのか」
「サイト構築の中で収益化のスキームはできているのか」


このような項目をはっきりさせることで、掲載記事がテーマから逸脱すようなブレや収益化までの道筋(サイト内の導線)が複雑になる事を未然に防ぐことができるようになります。

結果として、莫大なアクセス数がなくともピンポイントのネットユーザーを数多く集客し、ネット収入に寄与する成果へと繋げることができるのです。





複合キーワードのターゲットを定める


個人サイトを成功へと導く為の要因は幾つかあります。

コンセプトを絞り込み専門サイトを構築する
ターゲットを集客しやすいテーマにする
複合キーワードでよりピンポイントのターゲティングをする

勿論、この他にも細かな要因はあるのですが、代表的且つ初心者でも対策できる要因として挙げるとすればこのような感じだと思います。

特に、複合キーワードは個別記事への対応となりますので、ブログ運営などでは常に敏感に対応する必要性があります。

例えば、当ブログでは「ネット 稼ぎ方」「ポイントサイト 稼ぎ方」「ブログ 稼ぎ方」などの複合キーワードを意識し記事作成をしています。

実際にこのようなキーワード検索をした際には、当ブログが上位表示されています。

人気の単独のキーワード、いわゆるビックキーワードで個人サイトを上位表示させることは極めて困難、と言うよりも不可能に近いです。

したがって、個人サイトを検索上位表示させるには、ターゲットとなるネットユーザーがどのような複合キーワードで検索するのかを常に考えながらサイト構築する必要があるのです。

また、アクセス解析ツールの設置で自分のサイトがどのようなキーワードで検索され、閲覧されているのかを知ることも大切です。

意外なキーワードが検索エンジンンに認識されていることを知ったり、新たな複合キーワードで今後の攻めどころを発見できたりすることも少なくありません。

常にネット上の流行や傾向を把握できる敏感なアンテナと、迅速に実践に移行できるフットワークは、個人サイト成功の鍵となるのです。





以上、『個人サイトの有効なSEO対策』を紹介しました。

※関連記事
『アクセス解析は稼ぎに直結する』
『弱者はスモールキーワードで稼ぐ』
『集客を増やすキーワードリサーチ方法』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事