ネットでお金を稼ぐ方法は意外と簡単!WEBで検索すれば数えきれないほどのネットの稼ぎ方がヒットします。でも、当サイトをご覧になれば、ネットでお金を稼ぐ効率的な方法!初心者にもできるネットの稼ぎ方が一目瞭然です!是非、参考にしてみて下さい!
Top Page > 2013年12月

最終的な誘導場所を明確にする


サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイトで成功するには検索順位を上げる為のSEO対策と、訪問ユーザーを収益に繋がる場所へと誘導する導線作りがとても重要になります。

※SEO対策については『WEBサービス・SEO関連まとめ』を参照ください。

どちらの重要項目もサイト構築する上で、構造の内外部へ影響を与えるわけですが、特にサイトの導線作りについては外観的なサイトの見た目に大きく影響してきます。

導線を意識したことでサイトのデザインを損なったり、或は無理な誘導を試みた結果、不自然な記事になってしまったり強引な記事になってしまったりすることが少なくないのです。

このような失敗をしてしまうアフィリエイターによく見られがちなのが、訪問ユーザーを誘導しようとしている場所が複数であり過ぎたり、曖昧でわかり難かったりすることです。

私達アフィリエイターが訪問ユーザーを最終的に導きたい場所は利益に直結する場所です。

当然、利益を生み出す場所が沢山あることにこしたことはないのですが、お金を生み出す場所をそんなに簡単に多く作れるものではありませんし、欲張りすぎて多く作った結果、訪問ユーザーを迷路のようなわかり難い導線へ導き混乱させてしまったりしたのでは本末転倒です。


先ずは、しっかり利益確定できる誘導場所を定め、徹底的にその場所へ集中させるべく導線を構築していくことがアフィリエイトの成功を近づけてくれるのです。





誘導する為の目印を設置する


サイトのトップページや個別記事を開いた時に、訪問ユーザー自身が「今どの場所に居て、次に行きたい場所へはどのようにすれば行けるのか?」を明確にしてあげることが大切です。

その際、訪問ユーザーがサイト内で迷わない為に、パッと見でわかる目印となるリンクを設置することで問題を解決してくれます。


1、サイトのロゴへトップページのリンクを設置する

2、ページの上部へ戻れるリンクを設置する

3、パンくずリストを設置する

4、関連あるページの一覧(まとめページ)を作成しリンクを設置する

5、検索窓を設置する

6、個別記事へ関連記事のリンクを設置する

7、個別記事下部へトップページのリンクを設置する



と、このようなリンクや検索窓の設置はやり方を調べれば初心者でも比較的簡単にできますし、ブログサービスでは標準装備されているものも多いです。

一つ注意してもらいたいのは、サイトのデザイン性やユーザーの利便性を十分に考慮して設置してもらいたいと言うことです。

リンクが多すぎて複雑になることだけは避けましょう。





最も有効な導線は魅力的な文章


リンクの設置などはやり方さえマスターすれば誰でもできる作業です。
私達が普段利用する道路に当たり前のようにある親切な道路標識のようなものなのです。

しかし、道路標識を辿って道を進む場合は既に目的地が決定していることが殆どです。

訪問ユーザーからあなたが望む誘導場所を目的地として決定してもらうには、道路標識だけでなく、目的地が魅力的であるアピールが必要です。

「どんなところが魅力的なのか」「訪問ユーザーにどんなメリットがあるのか」など説得力あるアピールが必要なのです。

つまり、作成した記事でユーザーを納得させる文章力が必要になるのです。

ユーザーが納得して導線を辿っていくには、それなりの工程が必要です。
いきなり最終目的地へナビするような文章は強引であり、押し売り的なイメージを持ってしまう可能性があります。

ごく自然な流れで、更に訪問ユーザーが楽しみながらサイト内を回遊できる記事作成を心掛けましょう。

『優れたストーリーが売上に直結する』

『説得力を向上させる5つの技術』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『アフィリエイトの稼ぎ方まとめ』

関連記事

サイト訪問者の傾向は常連型と一見型


サイトやブログを利用してネット収入を得るにはアクセス数の増加が必要不可欠です。

アフィリエイトの売上やポイントサイトのダウンライン数も、やはりアクセスの増加に比例して徐々に上昇していきます。

サイト訪問するユーザーの特徴は大きく2つに分かれます。

度々同一のサイトを利用するリピーターと言われる常連型のユーザーと、何かの情報を基に検索で引っかかってくる一見型のユーザーです。

但し、常連型の人も元は一見型のユーザーであり、訪問するサイトが有益であると感じたり、更新記事が魅力的であると感じることによって常連化されるわけです。

つまり、サイトやブログでネット収入を得る為には、一見型のユーザーを集客する仕組み構築が重要なポイントであると言えるのです。





常連型ユーザーはネットワーク構築がポイント


サイト運営やブログ運営にも色々な形式があるわけですが、常連型のユーザーを抱えることによって大きく収益化が進む形式と言えば、やはりネットショップのような作りのサイトでしょう。

特に消耗品などの商材を扱うサイトでは、常連型ユーザーが大きな財源となります。

しかし、当サイトのような形式は一見型のユーザーがポイントサイトや、その他のアフィリエイト商材に興味を持ち、一度登録や購入をしてしまえばその後常連型へと変化してもサイト自体から売上が発生するようなものはあまりありません。

しかし、だからと言って常連型のユーザーを集客しなくても良いわけではないのです。

当サイトではネットで稼ぐ為のレクチャー記事や、色々なネットビジネスの情報提供をしています。
情報が古くならないように定期的な更新も行い、常に訪問ユーザーへ有益な情報提供をしようと心掛けているのです。

このような取り組みは、一見型ユーザーが更に興味を抱いて常連型へ変化してもらうことを期待したものです。


では、なぜ常連化してもサイト内で収益化が期待できないのに常連型ユーザーを集客しなければいけないのでしょう。


それは、常連型ユーザーとのネットワーク構築が更に一見型ユーザーを呼び込む材料となるからです。


当サイトでは常連の方々が度々メールを寄せたり、コメントしてくれたりしています。

このようなやり取りで構築されたネットワークにより、常連型ユーザーが当サイトの拡散を手伝ってくれたりすることもありますし、「ゲットマネー」「げん玉」へ登録して当サイトで習得した稼ぎ方を実践し私のダウンライン報酬の拡大に貢献して下さったりしているのです。

特に「げん玉」は3ティア制を導入していますので、常連型のユーザーが獲得したダウンラインからも報酬を得ることが可能になります。

『げん玉が本当に稼げる3つの理由』

結局は訪問ユーザーを常連化できないようなサイトでは、一見型ユーザーもサイトは訪れたものの興味を示さず離脱してしまう可能性が高くなります。

やはり、良質のコンテンツを作成し提供し続けることを念頭に、一見型ユーザーも常連型ユーザーも増やす為の努力が必要になるのです。





一見型ユーザーを呼び込む方法


一見型ユーザーを多く呼び込むには、検索結果の1ページ目か2ページ目までに自分のサイトを表示させる必要があります。

検索上位表示をさせる為に必要なのがSEO対策なのですが、最も有効なSEO対策は良質のコンテンツを作成し提供することです。

つまり、専門性が高く情報量が多いサイトを作り上げることが必要なのです。

特に情報量の多さは最も重要で、情報を蓄積する為には多くの記事作成が必要となります。

先ずは、SEO対策のことは難しく考えずに、自分が良いと思える文章を作成し、できるだけ多くの記事を更新していくことが、一見型ユーザーを呼び込む為の最も有効な方法となるのです。

更新作業に慣れてきたら、検索に引っかかりやすいキーワードなども盛り込みながら更に記事の質を高めていきましょう。

『集客を増やすキーワードリサーチ方法』
『優良なコンテンツを作る4つの方法』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事

ネット業界はGoogle(グーグル)によって左右される


インターネットを利用する人ならGoogleがIT業界の重鎮であることは、誰もが納得する周知の事実です。

そしてネットビジネスに携わる企業や私達個人のマーケッターが強く意識するSEO対策にもGoogleはとても大きな影響を及ぼします。

と言うよりは、Googleの影響力が全てと言っても過言ではありません。


インターネットユーザーの80%以上が検索エンジンを利用し、その殆どがGoogle、Yahoo、bingの検索エンジンを利用します。
中でも圧倒的に多いのがGoogleです。(GoogleとYahooの検索エンジンは共通ですので同一のアルゴリズムとなります)

つまり、インターネットを通じたビジネスを展開しようとしたら、圧倒的な力を持つGoogleの考え方に従う他ないのです。






Googleが考える良いサイトとは


一大企業となったGoogleは様々な取り組みを行っています。そして莫大なデータを蓄積しているのです。

Googleの収益の大黒柱は広告収入です。
多くのネットユーザーに検索エンジンを利用して答えを見つけてもらい、その至る場所へ広告を掲載し莫大な収益を得ているのです。

その為、Googleはネットユーザーの信頼を勝ち取る為にも、広告主からの受注を拡大する為にも、スパム対策や関連性の低い検索結果を削除していく動きに必死になっているのです。

私達がビジネスに利用しようとして作成するサイトについても、Googleは良いサイトなのか悪いサイトなのかを判断し、よりクオリティーの高い検索結果をネットユーザーへ届けようとしています。

・あなたはこの記事に書かれている情報を信頼するか?
・この記事は専門家またはトピックについて熟知している人物が書いたものか? それとも素人によるものか?
・サイト内に同一または類似のトピックについて、キーワードがわずかに異なるだけの類似の記事や完全に重複する記事が存在しないか?
・あなたはこのサイトにクレジット カード情報を安心して提供できるか?
・この記事にスペルミス、文法ミス、事実に関する誤りはないか?
・このサイトで取り扱われているトピックは、ユーザーの興味に基いて選択されたものか?それとも検索エンジンのランキング上位表示を目的として選択されたものか?
・この記事は独自のコンテンツや情報、レポート、研究、分析などを提供しているか?
・同じ検索結果で表示される他のページと比較して、はっきりした価値を持っているか?
・コンテンツはきちんと品質管理されているか?
・この記事は物事の両面をとらえているか?
・このサイトは、そのトピックに関して第一人者(オーソリティ)として認識されているか?
・次のような理由で個々のページやサイトに対してしっかりと手がかけられていない状態ではないか?
・コンテンツが外注などにより量産されている
・多くのサイトにコンテンツが分散されている
・記事はしっかりと編集されているか? それとも急いで雑に作成されたものではないか?
・健康についての検索に関し、あなたはこのサイトの情報を信頼できるか?
・サイトの名前を聞いたときに、信頼できるソースだと認識できるか?
・記事が取り上げているトピックについて、しっかりと全体像がわかる説明がなされているか?
・記事が、あたりまえのことだけでなく、洞察に富んだ分析や興味深い情報を含んでいるか?
・ブックマークしたり、友人と共有したり、友人にすすめたくなるようなページか?
・記事のメインコンテンツを邪魔するほど、過剰な量の広告がないか?
・記事が雑誌、百科事典、書籍で読めるようなクオリティか?
・記事が短い、内容が薄い、または役立つ具体的な内容がない、といったものではないか?
・ページの細部まで十分な配慮と注意が払われているか?
・このサイトのページを見たユーザーが不満を言うか?


ソース『Google ウェブマスター向け公式ブログ: 良質なサイトを作るためのアドバイス』
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2012/09/more-guidance-on-building-high-quality.html





ネットユーザーの動向を細かくチェック


Googleはネット上でユーザーがどのような動きをしているのか、動きにはどのような傾向があるのかなど、莫大なデータを蓄積し、情報分析しています。

・どのようなユーザーがが何をクリックしたのか
・ユーザーがページにどれだけの時間滞在したのか
・ページ滞在後次に何をしたのか
・何を、どこで買ったのか
・その他多数の情報


簡単に例を挙げてみるとこんな感じです。

なぜこのようなデータを徹底的に収集するのかと言うと、Googleはネットユーザーへ様々な視点から強力な支援をしようとしています。
人物、場所、ニュース、イベント、セール、そして、データを一瞬で見つけることが出来るように支援しているのですが、その為の徹底したデータ収集と言うことなのです。

このようなユーザーの行動分析は私達が運営するサイト内でも応用できますし、とても重要です。
行動分析はアクセス解析ツールを設置することで、色々なデータを集められますので、自分のサイトへ訪問するユーザーの特徴や傾向などを分析してみましょう。

『レベル28 アクセス解析は稼ぎに直結する』 『ユーザー分析で重要な5つの指標』



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『WEBサービス・SEO関連まとめ』

関連記事

先送りにしない行動力


人生の中で私達には無数のチャンスが存在しています。

「チャンスとの巡り合わせは人それぞれで、その数は不平等」と言う人もいるでしょうが、多くのチャンスに巡り合う人はそれなりの引き寄せる強い力を持っているのでしょうし、一方で「チャンスが巡ってこない」と考えている人は、多くのチャンスを知らないうちに逃しているのかもしれません。

私達にとってのチャンス、それは人との出会いや何らかの出来事に興味を抱いたりした時点で始まっています。

勿論、大きなチャンスもあれば小さなチャンスもあるでしょう。

でも、いきなり大きなチャンスばかり狙わなくても、小さなチャンスを逃さなければいずれ大きなチャンスへと発展する可能性は十分にあります。


何かに興味を抱いても、「費やす時間がない」だとか「恐らく成功しないだろう」だとか「そのうちチャレンジしてみよう」と言うように、行動を先送りにして「結局手付かず」このような経験はありませんか?

そして「もし自分もあの時チャレンジしていたら」と、後悔したことはありませんか?


今、この記事を書いている私にはこのような経験が数多くあります。

しかし、どんな小さなことでも行動へ移さなくては成功には至りません。

小さな成功の積み重ねが、自分では気付かなくても傍から見れば大きな成功を成し遂げていることもあるはずです。


チャンスを逃さない第一歩は、自分の気持ちに正直になり、欲しいものを手に入れる為の俊敏な行動力が必要なのです。

行動を先送りした時点でチャンスを一つ逃したと言えるのです。





勝率を上げる


チャンスを活かしたからこそ成功を収めることができるわけですが、チャンスと思い行動へ移しても最初から成功するとは限りません。

むしろ最初は多くの失敗を経験したり、時に心が折れそうなくらいに悪戦苦闘の日々を送るかもしれません。
しかし、たった一回や二回の失敗が全ての失敗だと考えてしまわないようにしましょう。

今は、失敗の数が多くても数か月後、或は数年後には成功の数が多くなるように戦略を立て努力を継続するのです。

プロ野球選手はシーズンを通して3割を超える打率を残せば優秀であると評価されます。
裏を返せば、優秀な打者も打席の7割は失敗に終わっているのです。

成功者と言われる人も全ての勝負を勝ち続ける人はいないのです。

まして、チャンスを活かしチャレンジを始めたばかり人が最初から勝ち続けるなど奇跡と言うより不可能なのです。

つまり、「徐々に勝率を上げ負けを少なくすること」これが成功者となる為のポイントなのです。





恐怖心と上手く付き合う


行動を先送りにしてしまう理由の一番は「恐怖心」です。

「今の生活が維持できなくなるのでは?」
「大きな失敗で負債を抱えるのではないか?」
「新たな事へチャレンジすることで周りの目が気になる」


などなど、自分では感じていなくても恐怖の裏返しであれこれ理由を付け、現状維持を選択していることが多いのです。

しかし、この「恐怖心」を払拭することは困難です。と言うより「恐怖心」がなくなってしまえばブレーキがない車のように暴走する可能性がありますので逆に危険です。

チャンスを逃さない為には、「できない理由を探そうとしていないか?」「チャレンジを恐れていないか?」と、自分自身の判断や行動を客観的に見ることが必要です。

恐怖を克服する為のリスク軽減策や戦略的プランを練ること、つまり「やる為に何をするべきか」を考えれば行動力を維持し恐怖心とも上手く付き合えるのではないかと思います。



閲読頂きありがとうございます。

気に入って頂けましたら、クリックお願い致します。





NEXT >『ネットビジネスの稼ぎ方まとめ』

関連記事